更年期障害 | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

更年期障害とは?

更年期障害とは卵巣機能の低下によりホルモンのバランスが崩れることで起こるさまざまな症状を言います。

またホルモンのバランスが崩れること以外にも更年期の女性が直面する「子供の独立や結婚」「親の介護」などの環境の変化、家庭や職場などでのストレスなどでも起こります。

更年期障害になると?

自律神経の乱れによる不定愁訴出現。不定愁訴とは簡単にいうと「今日はここが痛い、調子が悪い」「明日はここが調子悪い」というような体のあちこちで症状 が出るものをいい、それがストレスとなり、又ホルモンバランスの崩れなども手伝ってうつ症状などを引き起こす事も考えられます。又、人によっては無症状の まま通り過ぎてしまう事もあります。

更年期障害とは卵巣機能の低下によりホルモンのバランスが崩れることで起こるさまざまな症状を言います。 またホルモンのバランスが崩れること以外にも更年期の女性が直面する「子供の独立や結婚」「親の介護」などの環境の変化、家庭や職場などでのストレスなどでも起こります。

更年期障害の症状

男性更年期障害の症状

・疲労感がある。  (疲れがなかなか取れない、  特に原因はないが、強い疲労感がある、  疲れがあるのに、なかなか寝付けない、途中で目が覚めてしまうなど)

・その他のぼせ、発汗、冷え、頭痛、めまい、皮膚のかゆみ、  肩や腕の張りやこわばり、集中力の低下、筋力の衰え、うつ、不眠など

・さらに男性ホルモンが減ってくると、体毛が少なくなったり、ひげの伸びが遅くなったりといった症状が現れたりします。

女性更年期障害の症状

更年期障害としてはエストロゲンの低下に伴い急速に発現する早発症状と、閉経後数年から10年以上経って発生する遅発症状とがあります。

1)早発症状  のぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれ、蟻走感(ぎそうかん)など

2)遅発症状  性交痛、萎縮性(老人性)腟炎、尿道炎、尿失禁、皮膚委縮、肥満、腰痛、肩こり、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、骨量減少症、動脈硬化症

ひだか接骨院 各務原分院
【院 長】山口 哲史
【住 所】 〒504-0833 岐阜県各務原市入会町2-98-2
【TEL】 058-322-9066
【駐 車 場】大型駐車場あり
【予 約】なし
 

大きな地図で見る