TEL

空手での怪我について | 各務原・岐阜・関 ひだか鍼灸接骨院

Blog記事一覧 > スポーツでのケガ > 空手での怪我について

空手での怪我について

2018.11.06 | Category: スポーツでのケガ

空手

空手で傷めてしまった部位を各務原、岐阜、関、美濃加茂で治せる接骨院

空手は身体だけではなく精神や礼儀作法などについても鍛えていくことが出来るということで、各務原、岐阜、関、美濃加茂でも習い事として通っている方も多いかと思います。
小さなお子さまから大人まで各務原、岐阜、関、美濃加茂にてたくさんの方に愛されている空手ではありますが、稽古や試合にて怪我をしてしまうということも少なくありませんので日々の身体のメンテナンスは欠かせません。

たとえば、手首や指、肩など上半身、さらには蹴りを繰り出すときに足首や膝を傷めてしまったり、腰痛を負ってしまうということもあるでしょう。
さらには、試合にて相手の打撃がヒットすれば打撲を負ってしまうことも多くなります。

こうした空手に多い怪我や障害については、ひだか鍼灸接骨院にて素早く改善させていくことが出来ます。
軽い打撲だから大丈夫だろうと思ってそのままにしてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、痛みが強くなったり長引くようであれば、決して無理をせずにひだか鍼灸接骨院にご来院ください。
骨が折れていることは無いけれども、筋肉や靭帯を傷めてしまっているということもとても多いのです。こういった怪我の施術は、ひだか鍼灸接骨院の専門分野です。