TEL

水泳でのケガについて | 各務原・岐阜・関 ひだか鍼灸接骨院

Blog記事一覧 > スポーツでのケガ > 水泳でのケガについて

水泳でのケガについて

2018.11.06 | Category: スポーツでのケガ

水泳

水泳選手の故障を専門施術出来る各務原、岐阜、関、美濃加茂の接骨院

水泳選手に多いスポーツ障害の特徴として、骨ではなく筋肉や筋、靭帯、関節に痛みが出てくるということが挙げられます。
水泳では、他のスポーツにありがちな転倒して地面に身体を打ち付けてしまうというような外傷を負うことはありませんので、大きな衝撃にて骨折したりヒビが入ったり、脱臼するという可能性はほとんどないと言えます。
その代わりに、各務原、岐阜、関、美濃加茂の病院で施術を受けたとしても治りづらい部位を傷めやすかったりもするのです。

たとえば、クロールやバタフライ、背泳ぎによる肩や足首の痛みだったり、平泳ぎによる膝や股関節の痛みなどがあります。泳ぎの種類によって痛む部位には違いがあります。これらは、各務原、岐阜、関、美濃加茂のプールで一生懸命練習を続けていることで一部分にばかり負荷がかかって損傷してしまい痛みを引き起こしているのです。

こういった症状は、ただ安静にしているだけではなくひだか鍼灸接骨院にて施術を受けることで素早く改善させていくことが出来ます。
痛みがあることで、上手な泳ぎが出来ずにタイムを伸ばせないということもあるでしょう。水泳選手のスポーツ障害による全身の痛みは、ひだか鍼灸接骨院での専門施術にお任せください。