駕足炎とは膝の痛みである。 | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

駕足炎とは膝の痛みである。

2014.10.16

背骨矯正・骨盤矯正を行っている小島です。

今日自分はヤフーニュースを見ていたら一つ気になった記事がありました。

それはなんと!!

ふなっしーの弟・・・・・

ふなごろーが誕生していた事です(笑)

ゆるきゃらの弟って初めてですよね。

単純な事なんだけど、なんか斬新・・・・いや、新鮮な感じがしました(*^。^*)

この記事を見ただけでなぜか心を温まりました。

ふなっしー効果ですね♪

さてこの辺で雑談は終わりまして今日のテーマは駕足炎とは膝の痛みであるです。

駕足炎というのは膝の内側のやや下方にある筋肉の炎症です。

原因は下肢の筋肉の負担のかけ過ぎで、どちらかというと走ったり階段をたくさん上がったり下ったりと

大きな運動動作のしすぎによって起こる事が多いんですが、

現在では、普通の日常生活の負荷で駕足炎になる方が増えてきました。

それは筋疲労が回復しにくくなっているせいです。

自己治癒力の低下ってやつですね((+_+))

ではなんで低下しているのか・・・

①運動をまったくしない

②身体の土台となっている背骨骨盤が歪んでいる

その結果血流が悪くなっていたり、筋肉が通常動作の動きをしない状態になっている

 

では治すには・・・ 

 

背骨矯正をしましょう!そうすれば駕足炎も良くなるし、発症しなくなります。

当院では駕足炎で来院されている方も見えますが、明らかに良くなっています。

お困りの方は是非きてください。