野球して肘がいたい・・・ | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

野球して肘がいたい・・・

2013.07.22

皆様こんにちは!

暑い中お仕事や家事お疲れ様です!

学生の方は部活とかすごく大変だともうけど頑張ってね(>_<)

だけど熱中症には十分に注意してください。

水分だけ取ってればいい訳ではなく、しっかりナトリウムを取らないと熱中症になってしまうので

ナトリウム(塩分)も摂取しましょう。

自分の場合は梅のタブレットをよく食べてましたよ!

良かったら参考にしてください(*^。^*)

ところで野球している子はよく肘の内側が痛くなるのはご存じですか?

あまりにも野球少年が痛くなることから、傷病も野球肘と言われるくらい多い傷病なんですよ!

ちなみに外側が痛くなるのはテニス肘と言って、よくテニスを頑張ってる方がなります。

これは豆知識として覚えといてください(笑)

どうしても野球の投球ホームが少年の肘には負担が強く掛り過ぎてしまい痛くなってしまうものです!

簡単に言ってしまうと筋肉の炎症・損傷が起こりそれによって筋肉が硬くなったり熱を持ったりしてしまう症状です。

どうすればいいのか・・・・

この状態でマッサージとかするのはあまり効果が無いと思われます。

怪我してる筋肉をモミモミしてよくなるイメージありますか?

イヤイヤ・・・・ まずは炎症を抑える事や損傷した筋肉を回復させるのが先でしょって

思いませんか?

筋肉を手でほぐす指圧療法はそれが終わってから筋肉に柔軟性をつけるためにやるんです!

では、どうやって筋肉の炎症や損傷を治すのか・・・

それは当院では特殊な電気治療器で治します!スポーツ現場ですごい発揮することから

プロのスポーツ選手も愛用している人が多い治療器なので安心で確実です。

悩んでる方がいるなら、我慢しないで治療しましょう!

大人になってから治療しとけばよかったと後悔するかもしれませんよ。