脚の『むくみ』について! | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

脚の『むくみ』について!

2016.03.31

みなさんこんばんは!

ひだか接骨院各務原分院の沢田です!

今日は足の『むくみ』についてお話したいと思います!

 

足のむくみは多くの方が悩まれている思います。

特に女性などは悩みの一つではないでしょか?

まず『むくみ』とは何かを説明します。

『むくみ』とはつまり脚に水分が溜ってしまい腫れて見えている状態、つまり浮腫です。

『むくみ』と大きく関係しているのが、血液の循環障害です!

人間の血液は重力によって下へ落ちていきます。

それをふくらはぎの筋肉がポンプとして心臓まで送り返してくれています。

ふくらはぎのポンプ力が落ちることなどによって脚の血管内の圧力があがって外に水分が染み出てしまいます。

それが脚の組織の中に溜って、はれているのが『むくみ』の原因です!

なので外から少し圧力をかけてあげると、外からの圧力で組織内に溜った水分が血管内に戻るように働き、むくみ解消になります!

 

今日のお話は少し難しかったですね^^;

詳しく知りたい方は接骨院のほうで、もっと簡単にご説明いたします!

是非聞いてください!^^