睡眠と運動の関係とは? | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

睡眠と運動の関係とは?

2016.12.01

おはようございます! ひだか接骨院各務原分院の太田です。

今日は、睡眠と運動について少しお話ししたいと思います(*^-^*)

突然ですが、皆様金縛りなどにあったことはありますか???

金縛りとは『別名:入眠時幻聴を伴う睡眠麻痺』ともいわれており、

実は・・・女性に多く、初発年齢は15~18歳がピークと言われています!!!性差があるんですねっΣ(・ω・ノ)ノ!

そして金縛りの原因は・・・主に比較的意識水準の高いレム睡眠で起こるもので、

                レム睡眠時は自分が起きていると感じやすく、

                そのため夢も幻聴も実在感を得やすい為こういった現象が起こります。

        この状態に『疲れ・精神的ストレス・不規則な生活・寝不足』が重なることで、

        入眠時期レム睡眠を引き起こしやすいと言われています!

        ⇒いかに疲労が体に与える負担が大きいかがうかがえますね(; ・`д・´)

このような負担を取り除く方法とは!!!

  ①朝の光を必ず浴びる!

     *朝の光:生体時計を1時間早め/夜の光:生体時計を1時間遅らせる=つまり朝陽を浴びて±0になる!

  ②適度な運動をする!

     *ジョギング&ウォーキング

       「適度が難しい!」ですよね・・・。基準としては、『額に汗ばむ程度』が好ましいです!(^^)!

       また、昼間の活動による体温上昇はその反動で睡眠中の体温を下げてくれる!

       つまりより深い睡眠をとることができるということです(^^♪

     *運動を行うタイミングとしては、夕食後1時間&就寝2時間前がベスト!!!

これらを少しずつ意識していただくと、より良い睡眠をとる事が出来ます(*´ω`*)♪♪

患者様の声

img_3282