手の腱鞘炎チェック | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

手の腱鞘炎チェック

2014.06.07

みなさまこんにちは。

 

梅雨入りして天気が良くないですがテンション上げていきましょう(^_^)/

 

さて皆様は腱鞘炎になったことありますか?

 

当院だと最近親指の腱鞘炎の方が増えてきました。

 

ただその患者様は、自分が腱鞘炎とは気づいていなくて親指を曲げると痛いとか

 

手首が痛いから来院したって感じです。

 

多くは女性で、主婦の方が多いですね(@_@;)

 

理由としては家事などによる指の使いすぎだと思います。

 

例えば、はさみを使ったり、フライパンを料理の際に使用したりとなにかしら使っています。

 

ということで、自分が腱鞘炎と知らずに我慢して悪化させてから来院される方が多いので

 

チェックの仕方を教えます。

 

親指が上になるように手首を捻り腕を前方に伸ばします。

 

そして、その親指を手の中に握ります。

 

その状態で腕を伸ばしたまま小指側に手首を曲げます。

 

これで親指もしくは手首に痛みがでた方はまず腱鞘炎です。

 

また、親指を手の中に握れない方も腱鞘炎です。

 

もしこのチェック法で痛みがでた方は早めに治療した方がいいですよ。

 

当院でも治療できますので、お困りの方は元気なスタッフがお待ちしています。