寒くなると痛みが出やすい?? | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

寒くなると痛みが出やすい??

2013.10.30

こんにちは!

最近朝寒くて自転車通勤に心が折れそうです!

あっ、自転車通勤をしようと思っている心ですけどね・・・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/(笑)

自転車ネタでお決まりの院長の山口です!

 

今回は寒さと痛みの関係です!

 

一度は聞いた事はないですか?

冬になると『痛みが出やすい』・『古傷が痛む』など聞き覚えはないですか?

 

聞いたことあるけど、詳しくはわからない!と思いますので今日はその話をします!

 

・寒いと血液の流れが悪くなり、柔軟性が弱くなる。

 

体が冷えてくると、末梢血管を縮こませ筋肉への血液の流を低くします。

それにより、筋肉の温度が低くなり、更には筋肉を動かすのに必要な酸素が不足するため、

ますます硬くなってしまいます(>_<)

なので急な動きをすると肉離れなどが起こる危険が高くなってしまいます(-_-)

寒い日の運動前は暖かい格好をして準備運動をしっかりと行い体を温めることで、

筋肉の柔軟性を高め運動を始める事が大切です!

 



寒さにより痛みに関する神経が過敏に反応する。

寒いと指先が痛くなったり、耳をデコピンされて涙を流したことはないでしょうか?(笑)

理由は筋肉が緊張して硬くなる事により神経が圧迫されるからです。

腕や足などの神経は筋肉の間を縫うようにして走っているため筋肉の緊張で痛覚や触覚の神経が圧迫され、

敏感になり痛みやシビレなどが出てきやすくなります。

なので、寒くなると『痛みが出やすい』・『古傷が痛む』という事を良く聞くんですね!!

 

これらが大まかな原因です!

しかし、この事を知っていても実際どうすればいいのか、何をしたらいいのかわかりませんよね?

 

安心してください!

詳しくは次回お教えします!

早く知りたいならぜひスタッフに聞いてください!

 

ではまた次回(●^o^●)