タイヤ交換での腰痛防止策! | 各務原・岐阜・関 ひだか接骨院各務原分院

ヘッダー

タイヤ交換での腰痛防止策!

2016.04.06

皆さんこんにちは!

ひだか接骨院各務原分院の沢田です!

 

気温もだいぶ高くなってきましたね(^^)

そろそろスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換しなければとお思いの方が最近増えております!

その中で多く耳にするのが『今日タイヤ交換して腰がいたい・・・。』です!

タイヤ交換して重たいタイヤ倉庫にしまったり、積み上げたりと何かと腰に来る作業ですよね(^^;)

本日はそんな腰を痛めやすいタイヤ交換について、ちょっとしたことで腰痛が防止できる術をお伝えします!!!

 

タイヤ交換で腰を痛める原因はやっぱり外したタイヤを持ち上げる瞬間です。

そこで腰を痛めないコツは、タイヤを持ち上げる時の姿勢!

これをちょっと変えてあげるだけでビックリするくらい腰が楽になります!

どういう風に行うかというと、タイヤを持ち上げる時にしっかり胸を張った状態で持ち上げるです!

多くの人は腰を丸めて猫背の姿勢で、よっこらせとタイヤを上げていますが猫背の姿勢だと腰の筋肉が機能せず

タイヤの重みが負荷として腰の背骨にかかります。

それを胸をしっかり張る事で、腰の筋肉がしっかり使える状態になります。

こうすることで腰の筋肉が働いて腰の背骨に負荷がかからなくなる為腰痛となりません!!!

ちなみに、これはウェイトトレーニングのデッドリフトという腰の筋肉を鍛えるトレーニングのフォームを、タイヤ交換の時に応用したものです!

 

文書だとなかなかイメージできないという方は、是非接骨院に来院の際にスタッフにお尋ねください!!!